これから一雨ごとに又一層の涼しさを感じ、寒くも思える秋真っ盛りと言ったところでしょうか、まだまだ台風到来も予感させるこの頃ですね。

先日週末に突然男性S氏からメールが届いたでは有りませんか。
交際中だったYさんと婚約がまとまったと言うのです。
一瞬目を疑い、そんな馬鹿なと思ったほどでした。
これまで何人もの方とお見合い活動を続けてきたS氏でしたが、今度ばかりはお相手に上手く気に入って貰えたようです。

実はYさんとは一度はお断りされ、余りのショックで彼から私に相談があったのです。

私の方ではこれもご縁だから諦めて、次のステップに繋げようではないかと元気付けたつもりではあったのです。

ところが今回はなかなか諦めきれず何とかとならないものかと、真剣に話を聞いてあげたのも事実でした。ところが一ヶ月以上も経過したある日のこと、不思議なことに偶然にも電車の中でばったり再開したというではありませんか。

住まいが二人共大分遠方だったはずなのですが、一体どの辺りで会ったというのでしょう。 通常では、挨拶程度で「それじゃまた」と言い交わすぐらいではないのではないでしょうか。

ところが話が上手くまとまって、次回又会う機会を作れたそうです。

そんな甲斐あって、彼の意気込みも相当なものがあったのでしょう。良く努力した結果、なんと2ヶ月の交際後プロポーズを受けて頂いたとのことです。

事務所に二人で来た時は、既にもうすっかり夫婦気取りのお似合いのカップルになっていたではありませんか。

彼の何処が良かったのと彼女に質問したところ

「やはり誠実なところでしたね」

と、口下手でどちらかと言うと寡黙な彼も、今度ばかりは一生懸命おしゃべりをしたようです。 写真を撮ってあげたところ、とてもお似合いのカップルというのが改めて納得するところです。

奇跡的な再会した結果のご縁でした。