3.11から間もなく3週間にもなろうとしているが、一方ではまだそれだけしか時間が経過していないと言っても良いのではないでしょうか。何をかいわんや、前回のブログでも述べたとおり、過去長い歴史の中で幾度となく災害を被った日本はその都度復興を遂げ、この大災害においても、もう既に新たな希望や目的を持って皆其々逞しく生きて行こうとしているでは有りませんか。新たな復興に向け、すごい勢いで前進しているような気がしてなりません。この国の人達の団結力たるや、本当に力強いものがあると思うのです。まだまだ死者も増え続け、悲しみが幾度となく襲ってきます。そのことが被災者の方ばかりではなく、一寸遠方に住む私達までも辛く悲しいのはあたりまえの事です。東京に住む人も又全国津々浦々生きている日本人は、皆これからも共に苦難を共有して行かなければなりません。人々がこれほどまでに、そして自分の事のように今回のことを考え行動しているのを見ると、やっぱり日本人て凄いなと改めて誇りにしたくなるものです。こんなに困難が重なっても、それでもこの国に生まれてよかったと、必ず殆どの日本人はそう思うはずです。今回、私達が今までに気がつかなかったことが、マスメディアを通してこの災害から多くのことを知ったこともあるでしょう。そしてまた世界中の方がこれほどまでに心配し、サポートしてくれるのを見ると、改めて日本は偉いなと思う。最後に原発は確かに心配ですし、このまま何時までも続くようだと、其々の産業が立ち行かなくなってしまうではありませんか。それでももう少しで、其々の経済活動も徐々に上向きな兆しが見えてくるはずです。放射能拡散についてももう暫くの辛抱だと素人ながらに考えます。