朝から腰痛で悩まされた日でしたが定休日と言うこともあって、たまには都内どこかへ散策でもしてみようかと考えていたところ、かみさんから「それなら有楽町フォーラムでも行って見ない」と言われたのです。知らなかったのですが、現総理が「どじょうが金魚のまねすることねえんだよなあ」という巷間騒がれた、その台詞の作者相田みつを美術館へはどうかとのことでした。一つ返事で「あぁ、それも良いかな」と言うことで出かけることになったのですが、丁度東京駅北口にあるMホテルで当社女性会員のSさんのお見合いの立会いが出来るチャンスにも恵まれたのです。通常お見合いには一対一で行われますが、お相手は愛知県からわざわざやって来てくれることもあり、結局ご挨拶をと思い、ほんの一寸お引き合わせに立ち合うことが出来たのです。背も高く、なんと素晴らしい男性だとお世辞抜きで吃驚でしたね。このお見合い報告は後ほどSさんから届くことになっているのです。お陰で素晴らしい相田みつをさんの多数の作品を眼にすることが出来、秋晴れの下、楽しく半日を過ごせたのですが、自宅に戻ってから腰痛がひどく、生まれて初めて整形外科へ行くことになったのです。とりあえず診察を受け、リハビリを受けたのですが、待合室にいる間、次から次へと沢山の患者が入り口から入ってくるを見てこれまたビックリでした。こんなにも整形外科に訪れる患者が多いものかと全く驚きでしたね。私の方は、リハビリと飲み薬の効果があるといいのですが、どうなることでしょう。