震災からまもなく一年、早いものです。その爪跡は今もって忘れ去れないし、これから先何年もの間私達はあの恐怖を思い出さなければならないのかもしれません。日常度重なる地震速報が報じられる度に、いつか又経験するかもしれない地殻変動と直面することを人々はこの先考え続けなければならないし、又そのための準備を余儀なくされています。それでも、普段からそのための生活用品等を買い揃えておく等とは出来ないでいる私。何とか、この先この国が無事でいられるよう神に祈るだけ。一日も早く東北、そして国全体に活気が出てくるといいですよね。酷寒の2月、それでも日が伸びて、今では夕方5時過ぎても明るくなってきている今日この頃。日中の太陽も大分明るく、強い日差しが感じられるではありませんか。もう一寸の辛抱で春ですね。そんな折、当社N氏がやってきて成婚の報告をしてくれました。先日お相手のご両親に挨拶に行ってきたそうで、結婚の承諾が得られたとのこと。お互いに中年のカップルと言うことで、所沢に住むN氏は今後足立区に住む彼女の家を往復することが多くなることでしょう。近日中にお二人で事務所に見えるそうで楽しみにしているところです。何代も続く家系に後継者が誕生したらと、希望に満ちているようで、長いこと婚活努力が報われほっとした様子。饒舌軽快でしたね。