ガンで末期の父を持ち、最後の奉公と郷里に戻り何とか父親と対面でき、僅かな対話ができたのも何よりも親孝行だったかもしれない。そこではやはり、結婚前の娘を父として本能的に案じていたのかもしれない。Mさんは、父親が天国に旅立った後、急遽埼玉の自宅に戻り結婚の準備をすることにしたのです。まだ初七日も過ぎたかどうか分らないうちに、それまで待たせていた男性とのお見合いを来週にも日取りを組んで欲しい希望でした。父親の遺言でもあったのでしょうか、病床での2人のやり取りは分りませんがやはり結婚の重大性を感じいるようでした。