もうすぐ2013年も終わりますね。この時期になると、あちこちから戴くのが、来年のカレンダー。全部使うわけじゃないから、余るんですけれど、これが、捨てられません。馬鹿馬鹿しいけれど、捨てると自分の未来も捨ててしまうようで、なんとなく恐いんです。そういうわけで、1年間ずっとしまっておき、年末に資源ごみで処分しています。

カレンダーって、1年間使うものだから、何でもいいよって気にはなれないんですね。結構こだわります。特に子供のころから好きなのが、日めくりカレンダーです。

ただ、この種の日めくりカレンダーには、必ず格言というか、名言というか、いろいろ、立派な事が書いてあるんです。先日も、「今日は久しぶりに、一日何にもしないでのんびり、だらだらすごそう」と、思いながら日めくりすると、「今日という日は二度と来ない。今日という日を、大事に悔いなく生きよう!」と、書いてあり、一瞬ショック。そのせいか、なんとなくのんびりだらだらしちゃいけないみたいで、中途半端な感じで一日が終わりました。でも、よーく考えてみると、悔いなくだらだらすればよかったんだあと、言うことなんですよね。

日めくりカレンダーの格言・名言に左右されるのもおかしいけれど、落ち込んだ時なんかに読むと、心にジーンとくるときもあるんですよ。私にとっては、格言・名言は自分に都合よく解釈してよいものなのかもしれません。同じように、占いとかの結果も、考えようなのかもしれませんね。

女性は、恋愛や結婚に占いを気にするところがありますが、やっぱり自分の気持ちを第一に信じましょうよ。それに血液型にこだわるのも、やめましょうよ。好きなら、好きなという自分の気持ちを何よりも優先して、お相手の心を射止めるよう、頑張りましょ。