前回に引き続いて、縁という物の存在に我ながら驚いたという実例をご紹介いたします。

今回の彼は、40代中ごろの方で、婚活歴4年と長い事、当社に在籍された方のお話です。彼は、とても気さくで、真面目で性格の良い男性なのですが、なぜかお見合いの機会が少なかったんですね。職業も収入も問題ないんですが、写真の表情が硬いんですね。生真面目で頑固者って感じなんです。何度も写真を取り直しましたが、カメラに向かって笑えないんですね。ぶすっとした顔になってしまうんです。普通の時はよく笑うし、その笑顔が爽やかで可愛いのに、勿体なあといつも思っていました。

そんな彼ですから、お見合いの時にもお相手の女性とうまく会話が進まないんですね。緊張してしまうのか、楽しめないようなんです。自分が楽しめないと、お相手も楽しめないですよね。なかなか、交際が長続きしませんでした。彼の良さを何とか引き出したいと、考えたのですが、うまくいきませんでした。

そんな時、一人の女性が入会して来られました。なんとこの女性、いつもニコニコしているんです。その笑顔は「あったかいなあー」と思わず呟いてしまうほど、人の心をあったかくするんです。もう、笑顔の魅力という魔法ですね。

この女性と彼が、当社の事務所で出逢い、少し話し始めたんです。彼女の魅力に彼も笑顔が出ますが、本来の彼の良さが出ていません。その日はそれで終わったのですが、3週間後、また二人が事務所で一緒になった時に時刻がちょっと遅い事もあり、夕食を兼ね居酒屋へ行くことになったのです。お酒の力ってすごいなあと感じましたね。彼が、一寸赤い顔の笑顔を振りまきながら、楽しそうに話し始めたんです。彼女もいける口でしたから飲みながら、和気あいあいと話が盛り上がったんですね。彼の良さは彼女に通じたんでしょう。その後、二人は交際し、婚約し5ケ月後にはゴールインしてしまいました。

彼も「あきらめなくてよかった。いつかは運命の人に出会えるものなんですね。」と言っていました。そして、笑顔って本当にいいもんですね!!