結婚を望む人にとって、幸せになるための道のりのスタートがお見合いです。申し込んだり、申し込まれたりしてお見合いになるんですね。その申し込みの際や、申し込まれた際に、事細かにお相手の事情を知ろうとする方がいるんです。仕事や学歴、家族、趣味とかプロフィールに書いてある以上に、細かく知りたがります。理由を聞くと、「自分の希望の条件に少しでも合わない人とはお見合いしても無駄だから。」と、言うのです。確かに、一理あるけれど、恋愛って条件が完璧だから成り立つものなんでしょうか?それに、お相手があなたにとって完璧でも、お相手にとってあなたは完璧じゃないかもしれないでしょう?お互いに完璧同士のお見合いなんてあるのでしょうか?あるとしたら、お見合いはスタートじゃなくてゴールになってしまいませんか。

恋愛って、気が合うとか、一緒にいると癒されるとか落ち着くとか、ドキドキするとか、まずは気持ちでしょ?自分の気持ちをよく考えて、整理して、少しでも気になる人だったら、会ってみたらどうですかね。お見合いはスタートなんだから。聞きたいことを自分で聞いてみればどうでしょう?お相手の顔の表情や雰囲気で嫌な人か、いい人かわかるでしょう?プロフィールに書いてあることや、お相手の相談所の言うことよりも、自分の心が言うことを信じませんか?