最近、成婚されて1年ほど経たカップルとカラオケを楽しみました。

1年たってもまだまだアツアツで、元々カラオケ好きの奥様の影響で、今や、ご主人様も結構上手に演歌を歌われるのですが、歌っている最中に時々見つめ合う姿が、とっても微笑ましかったです。

時間も過ぎ、お開きとなるときに、二人が最後に選んだ曲が中島みゆきの「糸」でした。

この曲の歌詞をご存じですか?

私は、その曲を知らなかったのですが、その歌詞をずっと聞いていると、本当に胸にしみてくるような思いがしました。

お互いにそれまでの人生や生活や経験が全く違う二人が、共に暮らし、助け合い、支え合いながら人生を生きていくのです。

夫婦がそれぞれ、縦糸と横糸になり、1枚の布を織るように、二人だけの人生を作り上げていくのです。

結婚とは、ただ好きだからするのではなくて、自分の人生を共に作り上げる、もう片方を見つける事なんだと、今更ながら思いました。

自分にぴったり合う片方を見つけられた人は幸せですね。