先日、あるパーティーで久しぶりに昔の知人(男性)に会いました。

私は、どちらかと言えば、その方が苦手だったんですね。ぶっきらぼうで攻撃的な物言いや態度、また、その方の服装の好みもあまり好きではありませんでした。

ですから、目があってしまったとき、「どうしよう・・・・嫌だな。」と、思ってしまいました。

ところが、「やあ、しばらくですね。懐かしいなあ、お元気そうで・・・」と、ニコニコしながら近づいてくるのです。でも??、なんだか、ずいぶんと印象が違うのです。以前のような威圧感もなく、なぜか、ほんわかとした感じなんですね。しかも、ずっとニコニコなんです。

思い切って、「ずいぶんお変わりになりましたね?昔はもっと怖い感じだったわ。」と、笑いでごまかして言ってみました。

気分を害するかなと思ったのですが、「そうですかあ?変わってませんよ。」と、ニコニコのままなんです。

ファッションも依然と変わって、品が良いのです。それを、ほめると「いやあ、女房の言いなりで・・・、何もかも言いなりでね・・・。尻に敷かれちゃってるんで・・・。」と、言いながらすごくうれしそうでした。

その時に、近づいてきた彼の奥様とお話をして、彼の変化が理解できました。笑顔が可愛い、穏やかな奥様なんですね。話し方もおっとりしていて、人を癒すような雰囲気の方でした。聞いてみると、二人は再婚同士のようでした。奥様は、ちょっと年上という感じでしたね。

とても仲がよさそうでした。二人とも人生いろいろあったようで、お互いに、ようやく出会った最良の人なのでしょう。

「ご主人は、ずいぶん変わりましたね?」と、言うと「昔は、おっかない人だったんですよ。怒りんぼで、すぐ怒鳴るし、・・・、でも、年取ったのかしら。少しは穏やかになったでしょう?」と、笑って答えてくれました。

この女性と結婚して、彼は、徐々に変わっていったんですね。この奥様は、たぶん器が大きいのでしょうね。やんちゃな男の子を上手く制御して、素敵な人に変えたんですから。

「いいえ、年取ったんじゃないんですよ。あなたが変えたんですよ。あなたの愛が彼を変えたんですね。」と、言いたかったけど、必要ない程、仲良しでした。

出会ってよかったですね。