先日、テレビでコマーシャルを見ていて、思わず「そうだよねえーーー。」とつぶやいてしまいました。

ある引っ越し業者のコマーシャルで、男性が女性に「青森に転勤になっちゃった。遠距離交際になるね・・・・」と最後の方は消え入りそうな声で言うんです。彼が言い終わる前に彼女が、「じゃあ、リンゴ、一緒に食べられるねッ。」と嬉しそうに言うんです。男性の驚いた、嬉しそうな顔が印象的です。この俳優さんは、演技が上手ですね、彼女にプロポーズする自信のないというか、なかなか言い出せない、男性の心理を見事に表現していると思います。

そうですよね、男性にとっては、プロポーズは大変な事なんですよ。結婚してほしいのに、なかなか踏み出せない男性が多いんです。断られたらショックだし、「ちょっと考えさせて。」とじらすような答えもあるわけで、なかなか言えないんです。

このコマーシャルの女性の「じゃあ、リンゴ、一緒に食べられるね!」と「いう言葉は、プロポーズに踏み出せない男性の背中を押してあげているわけです。逆プロポーズではないんですよ。「プロポーズしてくれたら、OKするわよ。」と言う、暗示なんです。

好きな人と結婚するのですから、ちょこっと背中を押してあげるのもいいですね。!!