お見合いに限らず、女性は自分に興味を持ってもらいたいと思う傾向が強いです。ですから、男性は、お相手に好い印象を残したいと思ったら、その女性に関心を持っているという、アピールをすることですね。

では、どんなアピールをすればいいかと言うと、まずお相手のお名前を覚えて、会話の中で頻繁に使う事。お見合いに限らず、お仕事でも何でも、相手の名前を覚えて、会話の中で使うと、名前を呼ばれた人は、とてもうれしいというか、呼んだ人に親近感を感じます。女性でしたら、好意を持たれていると思うでしょう。

しかし、注意することは、珍しいお名前の場合、「珍しいですね!!」と連発しない事です。珍しいお名前の方は、あちこちでそう言われているのでうんざりしている場合が多いのです。思わず言ってしまったら、「お名前のルーツをご存知ですか?」とか言って、お相手に興味があることに振り替えた方がいいですね。また、まったく別の事ですが、身長が高い女性に「背が高いねー!」と言う、男性が結構おられます。これも失礼です。この一言で悪印象になってしまいます。こちらは褒めているつもりでも、背の高い女性は意外に気にしているものです。

次に、お相手の事を知りたいというアピールはというと、質問すること。

「趣味はなんですか?」「どんな食べ物が好きですか?」という、質問をする方が多いのですが、その質問の仕方だと、答えは、「○○です。」で、終わってしまいますよね。聞き方が漠然としているし。「私は、○○に興味があるんですよ。あなたは如何ですか?」とか、「私の友人が最近○○(食べ物)にはまっていてるんですが、あなたはどうですか?」とか、相手が乗ってくるまで、話題を振るんです。お相手が話し始めたら、じっくり聞く事です。お相手の話を取ってしまわない事ですよ。

同時にお話をし始めてしまったら、必ずお相手に「どうぞ」と譲った方がいいです。女性も「どうぞ」とおっしゃる場合が多いですが、あくまで、譲った方が印象が良いようです。

また、お相手のお飲物が少なくなっていたり、なくなっていた場合、「飲み物は如何ですか」とか、「お変わりは如何です?」とかの心遣いも大切です。女性からは、なかなか言い出せないものです。特にお見合いなどはそうですね。気を使うことは、関心を持っているという大きなアピールになります。

慣れないうちは、気を使うことは大変のようですが、最初だけです。親しくなれば、それほど気を遣わなくてもOKになるものですから、頑張るときは頑張りましょう!!