誰かとお近づきになりたいととき、もっと打ち解けた間柄になりたいとき、場の雰囲気を盛り上げたいとき、どんな話が効果的か、ご存じですか?

実は、失敗談なんです。自分の失敗を人に話すなんて、とてもできないと思う人は多いかもしれません。でも、もてる男性や好かれる女性は、必ずと言っていいほど、失敗談をたくさん持っている人です。深刻な失敗ではありませんよ。天然ボケのような、ほのぼのとした笑える失敗談です。

子供時代や学生時代、最近の事でもよいのですが、笑いながら、失敗談をしている人には、隙のようなものが生まれ、相手からは親しみやすさを感じてもらえるのです。共感を呼ぶこともありますね。

嫌いな人に自分の失敗談をする人はいません。自分の失敗談をしたがる人は、相手に対して、自分の精一杯の好意を伝えようとしていると、受け取っていいと思います。「笑ってくれるかな・・・・・?」という、気持ちが込められているのです。

その反対が、自慢話。自慢話ほど、人との心の距離を広げるものはありません。誰でもが嫌いなのです。自慢話が大好きで、しょっちゅう自慢話をする人でも、人の自慢話は、絶対に聞きたくないものです。