クリスマスのデートでプロポーズされた女性は、結構おられると思います。男性もロマンチックなシチュエーションを狙っていますからね。

当方の、女性会員も何人か、クリスマスデートでプロポーズされて、今、幸せ真っ最中です。ほとんどの女性会員様は、彼がその日にプロポーズすることを予想していましたから、それほどドッキリでもなく、でも、決まって嬉しいという感じでしょうか。

その中のお一人の女性会員は本当にドッキリだったようです。

なぜかと言えば、彼にはそんなそぶりが全くなかったからです。

彼女は、彼と交際を始めて、5か月になります。

彼は、仕事が猛烈に忙しい方で、月に2回ぐらいしかデートできなかったようです。

たまにデートをしても、食事だけで、あとはさよならと言う感じだったようです。

電話やメールも彼はあまり積極的ではなかったようで、彼女はちょっとさめていましたね。

それでも、交際を続けたのは、彼の事が何となく好きだったからです。彼が時折見せる、少年のような素直な面、屈託のない笑顔、話の楽しさ、趣味が合う事などに、魅かれていたようです。

でも、彼がそっけないし、結婚の話も世間話の間にするくらいだし、何よりも積極的ではない事で、彼女はある程度、彼を諦めていたようです。他の方とお見合もされていましたしね。

ですから、突然のプロポーズにとてもとても驚いたそうです。思わず涙が溢れてしまったとか。

でも、彼のほうは、初めて彼女に会った時から、恋におち、結婚を考えていたようです。でも、何しろ話べたなので、結婚話は彼の頭の中だけで進んでいたようですね。

言わなければ、わかりませんよ。心の中まで。

彼女も待ってたってことは、彼の心を少しは理解していたんでしょうか?

まあ、お二人とも似たもの同志ということでしょうか、わかりにくいというか、大人しすぎるカップルでした。

お幸せに!!