「縁は異なもの、味なもの」と言うことわざがありますよね。

先日、そのことわざを彷彿させる出来事がありました。

10年前、未だ20代半ばだったある女性は、当時お付き合いをしていた男性の物の言い方が気に入らなくて、交際をやめてしまったんですね。

本当に些細なつまらないことで、別れてしまったんです。

でも、その頃は未だ若く、「恋愛なんていつでもできるわ。それより、今はキャリアを積まなきゃ。」と、仕事にのめりこんで行きました。

仕事一筋の十年。管理職にもなり、部下もできました。でも、気付けば40歳を超えていたんですね。

コロナウイルスの感染が広がり、彼女もテレワークをするようになりました。気が付けば、オンライン以外では誰にも会わないという日もあるんですね。

そんなことがきっかけで、思い切って、婚活を始めたんです。

検索をしていると、なんとあの彼を見つけたんです。彼もまだ結婚してなかったんですね。

今、彼女はお見合いを申し込もうか、どうしようか、迷っています。

今、申し込まないと後悔するような気がするので、是非、申し込んでほしいのですが、迷っているんですね。

こんなこと、めったにないですよね。本当に「縁は異なもの、味なもの」です。