最近、結婚式の花嫁の花冠が流行っていますね。

とても素敵ですね。宝石がキラキラ輝いている冠も素敵だけれど、やはり生きた花で作った花冠は、とても可愛らしくて素敵です。

早速、女性会員様に勧めてみたところ、「花冠なんて、若ーい子じゃないと無理ですよ。20代じゃないとだめですよ・・・・」とか言うんです。

そんなことないですよ。花にはいろいろな種類があり、その花の雰囲気というものがあると思うんですね。

自分に合う、お花や緑を組み合わせて作ったら、自分にぴったりの花冠ができると思います。

でも、ドレスはやっぱり白のシンプルなものでなければ、会わないような気がします。

ずっと昔、ハワイのフラの踊り手(年配の)が髪に、プルメリアの花の冠をつけていたのを見たことがあります。とても似合ったていて、素敵でした。

また、神にささげるフラの時は、緑の葉(名前を忘れてしまいましたが)のレイを首にかけていて、うっとりするぐらい美しかったです。年齢なんて関係ないですよ。

豪華な宝石の冠もいいけれど、やっぱり、生きている花の冠の方が私は、好きかなと思います。