誰でも、朝、出かける前に鏡を見ますよね。女性でしたらお化粧するし、男性もヘアスタイルやら服装やら、鏡の前でチェックしますよね。

鏡の中の自分の顔は、結構いけてると思いませんか?

そうなんですよ。鏡の中の自分の顔は最高にいいんです。そんな自分の顔が記憶にあるから、周りの人もみんな、「その顔」の自分を見ていると思ってませんか?

違うんです。人に見られている自分の顔を知ると、びっくりしますよ。ぶすっとしてたり、感じ悪かったり、暗かったり、ぼおっーとして間が抜けていたり・・・・・

例えば、職場で上司に文句を言われている時、怒りや反感が顔にありありとあらわれている人いますよね。デートして、つまらないと明らかに顔に「つまらない、退屈」と、あらわしている人いますよね。

嫌な気持ちは顔に表れてしまいます。嫌な気持ちの時ほど、うまく隠すことを心掛けましょうよ。これは、エチケット、相手への思いやりとも言えますね。

朝、鏡に向かっている時の自分の顔になってみましょう。それと、少しの笑顔を奮発すること(叱られている時はまずいですけどね)

さあ、口角をあげて、一番いい自分の表情すぐに作れるように練習してみませんか?