よく男性が相手の女性に求めるものに「気遣い」が、ありますね。

「気遣いって何?」という、人は多いですね。

私は、「気遣い」とは、見返りを求めない親切(思いやり)と、解釈しています。そして、それは、相手の気持ちを想像しないと、出来ない事だと、思います。

例えば、エレベーター内で、そばの方に「何階ですか?」と、聞いてボタンを押す行為、こんな簡単なことも「気遣い」なのです。離れている人が、エレベーターガールでもない人に、「○○階をお願い」とか、言えませんからね。

飲み会場の入口のぐちゃぐちゃなたくさんの靴を揃えることも、帰るときに人が履きやすいでしょう?これも気遣いです。

でも、一番の気遣いは人の心を思いはかる事なんではないでしょうか?

体調の良くなさそうな時、疲れていそうな時に、相談事や頼みごとをするとか、疲れて帰ってきた夫に、いきなり文句を言うとか、仕事で失敗した人に、さらに追い打ちをかけるとか、やっている人は多いんじゃないかしら?

自分がやられて嫌なことは、やらないのも気遣いですね。