交際相手や、結婚相手の条件の一つに、「趣味が同じ事」って言うのがありますよね?確かに、出会いのきっかけが、同じ趣味の同好会やサークルと言うケースがよくあります。

でも、そういうカップルはごく一部なんですよ。大抵は、好きな人の趣味だから、興味があって、やってみたら面白かったとか、という場合がほとんどなんです。自分の好きな人なら、その人の趣味だけでなく、声、服装、食べ物、持ち物・・・なんだって好きになりますよ。そうでしょう?

まず、その人が好きってことが大事!!「好き」って気持ちは、全ての基本なのです。

結婚はゴールじゃなくてスタートでしょ?

一緒になってから、伴侶の本当の有様を見て、びっくりしたり、喜んだり、がっかりしたりが、当たり前なんです。でも、基本的に好きだから、お互いに、一つ一つ妥協したり、納得したりして、受け止めながら、一緒に生きて行くでしょう?最初の理想の伴侶とずいぶんかけ離れてしまっても、いやも嫌いもいろいろあっても、全てひっくるめて、その人なりが好きだから、許せちゃうんですよ。

伴侶の趣味に没頭してる姿を見ても、興味が持てないなら、一緒にやることはないんですよ。ただ、認めてあげればいいんです。「彼(彼女)は、あの趣味がたのしいんだなあ・・・私が○○を好きなのと一緒だなあ」と。

ただ、「下らないことが、すきなんだね。」と、否定してはだめですよ。