会員様に、理想のお相手に求める要素を聞くと、ダントツに多いのが、明るい人、優しい人、前向きな人の3つですね。皆さんがが求めているタイプですね。

でも、この世の中、暗い人、ネガティブな人の方が圧倒的に多いんですよ。生まれつき前向き、ポジティブな人は、いないことはありませんが、めったにいないんじゃないでしょうか。

ネガティブとポジティブの違いは、ほんの少しの考え方、受けとめかたの違いなんです。例えば、何か一つ成功した時、「あんなに頑張ったのに、一つしかうまく行かなかった。」と、嘆くのがネガティブ、「頑張った甲斐があったよ、一つうまく行ったよ。」が、ポジティブ。失敗した時、「もうだめだ、何をやってもうまく行かない、ついてない人生だよ」と、嘆くのがネガティブ。「また、失敗しちゃったけど、自分は大器晩成型かもしれないな?今度こそがんばろう!」と思うのが、ポジティブ。

考え方のちょっとした違いで、ハッピーになれたり、不幸のどん底に転げ落ちたりするんです。

ポジティブを人に求めないで、自分がポジティブなりましょうよ。

なれるんです。毎日のほんのちょっとした習慣でなれるんです。

①毎日、どんな小さな事でもいいから、自分に起きた好い出来事を考えること。人生、うまく行かない方が多いんですから、うまく行かないのが当たり前。うまく行ったら、大いに喜びましょう。

②ネガティブ思考にはまりそうになったら、大声で「前向き、前向き」と、自分に言うんです。声を出して、体を動かしましょう。外に出るのです。世間の人も悩んだり、苦しんだりして生きているんですよ。

③笑いましょう、別におかしなことがなくても、鏡の中の自分に微笑みましょう。出来るだけ笑顔を作りましょう。口角を上げましょう。