お見合いをして、お互いに気に入り、お付き合いを始めてからも、なんとなく交際に積極的になれない方が結構おられます。特に女性に多いですね。

「何回かデートして、お相手の方は、価値観や好み、育った環境も似ているし、親近感はあるんですけど、なぜか好きになれないんです。知り合いと世間話をしてるって感じで。」と、悩む女性会員様がよくおられます。

それって、当たり前の事じゃないですか?

出逢った瞬間に「あっ!この人と結婚するかも・・・と、心にビビビっときた。」なんてよく芸能人が言いますが、そんなことめったにない事でしょう?

普通は、例えば職場やサークルや何かで出逢い、友人になり、なんとなく「ひっかかり」を感じて、小さな「あっ!いいな」を積み重ねて、アプローチしたりして恋人になり、結婚するという、ケースが多いですよね。

お見合い後の交際というのは、その友人関係の時期を飛び越えっちゃって、いきなり結婚を前提とした、男女交際に入ってしまったという感じなんですね。知り合ったばかりだから、お互いに表面的な事はわかっていても、本当の事は何も知らないでしょう?

気持ちが追い付いて行かないのは、当たり前じゃないですか。

お見合いで「あっ!いいかも」って小さな「いいな」を見つけたのですから、次に見つける「いいな」に敏感になって、積み重ねてみましょうよ。

そして、もう一つ、自分の事を差し置いて、相手にばかり、「いいな」を求めるのはだめですよ。自分の幸せを追及するあまり、お相手の幸せをないがしろにしていると、大切なものが見えなくなってしまいますから。