会員様の中には、「僕は口下手で、お見合いの時に話が続かなくて困っちゃうんですよ。沈黙が続くと、焦ってしまって、もう早くお見合いを終わりたいなあ・・・なんて気持ちになってしまうんです。だからうまく行かないんですよね。」と、言う方が、何人かおられます。

初対面の二人が、向き合って話すんですから、緊張したりあがったりして、余計にスムーズな会話ができないという事もありますよね。

こういうケースは、男性に多いのですが、女性の中にも「私は、無口な方なので、私を楽しませてくれるような、話の上手な男性が楽だわ。」と、言う方もいます。

人の興味を引くような素敵な、面白い、驚くような話を、立て続けにできる人なんて、めったにいませんよ。いるとしたら、プロですね。 プロならば、それが仕事ですから、年がら年中、話の題材を収集したり、話し方の研究をしているわけで、上手なのが当たり前なんです。

話が苦手だという人は、そんなプロのマネを少ししてみませんか? テレビや新聞や本で興味を持ったこと、友人(異性、同性を問わず)との会話で面白かった事、等々をたくさん心のポケットに入れて、お見合いに望んでみましょう。 何にも用意してないで、「私は、話べたなんで。」と、言うのはちょっと違いますね。

そして、話し上手は聞き上手とも言います。聞き方にも力をつけましょう。

相手の話は、面白くなくても最後まで聞く事、うなづいたり、相槌を打ったり、時には質問をしたりして、”さあ、聞きますよ。”と、いう態度をとると、話す人は、存在を認められたような、安心感と聞き手に対する共感や信頼感が得られるんですね。 そうなると、話すことに熱が入るというか、意欲的になるんですね。当然、話が面白くなるんです。

スムーズなコミュニケーションが取れるようになるんですね。 会話は、キャッチボールです。二人が力を合わせなきゃ。 ただ、お見合いで、自慢話や自分の仕事の話を延々とするのは、タブーですよ。 それから、「でも・・・・」と、言う言葉も。