交際をしている間に、お相手の事を誤解しているとか、勘違いってよくありますよね。勿論、夫婦になってもあります。 男女は、考え方や感じ方が違うからですね。 まあ、長い間、一緒にいる夫婦は、お互いによくわかっていることが多いので、「あれ」とか「それ」でわかってしまうものですが。 とにかく、お相手の事を理解するには、コミュニケーションを密にとることが一番です。 会えないときでもメールがあるでしょう? 「面倒くさい」とか、「どう書けばいいのかわからない」と言って、メールが苦手な人が結構います。また、メールが来ても、すぐに返事をしない人も結構いますね。 メールはお相手との距離を縮めるためのものです。内容なんて問題ではなく、回数が問題なんです。朝、出かけるときに「今日は寒いね。元気?」、「いい天気だね。」とか、ほんの数行で良いのです。夜もお疲れ様メールとか、おやすみメールとかを送りましょう。 その他、何か感動した時、好い事があって嬉しい時、びっくりした時、暇なとき、とにかく何でもいいのです。短くても好いからメールを送りましょう。 特に女性は、自分が「関心を持たれているかどうか」で、心が変化する傾向が強いです。勿論男性もですけれど。とにかく、「あなたに関心があります。あなたを 理解したいと思っています」という、アピールは大事ですよ。 だって、たった1~2分で済んでしまう簡単な努力ですから、是非やるようにしましょう。 それと、メールが来たのに返信しないのは、「関心がありません、興味がありません」と、言う意味になりますから、やってはいけません。短い文でも好いから返信しましょう。