幸せな結婚をしたいから、婚活をしているわけなのに、なんだか「さめてる」人が多くなったような気がしています。男性も女性も「草食化」しているんでしょうか?

ある女性会員様は、お見合いをしたお相手に対して、「凄くいい人なんだけれど、実家暮らしだから嫌だわ。」と、言います。「実家が通勤に便利な場所にあるからじゃない?」と、言うと。「いい年をして実家暮らしなんて。」と、否定的です。その他に悪い点がないのに、なぜその一点にこだわるんでしょう?

男女を問わず、他の会員様の中にも、「いい人っぽいけれど、趣味が違うのよねえ。」とか、「すんでいるところが、ちょっと遠い。」とか、「休日が一致しないから」とか、「転勤がある」とか、どうして其の一点だけにこだわって、切り捨てるのかなと、残念に思うことがあります。

いい人で、他に気になるところがない人ならば、お付き合いをしてみたらどうでしょう?

好きになれば、これらすべては解消してしまう事なんですけれどね。好きになれば、会いに行くのが遠くたって気にならないし、デートする日を工夫して作ることも楽しくなるんですよ.

好きになる前に、垣根とか壁を自分で作っているのは、どうなんでしょう?

もうちょっと、許容範囲を広げてもいいんじゃないですか?