婚活中の皆さんに「恋のキューピットは、いつ突然現れるかわかりませんよ。そのチャンスを逃さないようにね。」なんて、冗談でよく話したりします。

これは、まさにそのキューピットの突然の降臨のお話です。

ある会社の女子社員の方が、夕方片頭痛を起こしたけれど、無理をして仕事を続けていたのだそうです。だんだん割れそうにズキズキ痛みだし、ようやく仕事が終わって帰るときには、傍目で見てもひどく、歩くのも辛そうに見えたそうです。

周りの人たちは、「大丈夫?一人で帰れる?」と、聞くだけでしたが、一人の男性社員が、冷蔵庫から氷を取り出し、タオルで包んで、彼女のこめかみにあてて、ソファに座らせ、なぜか、外に出て行ったんですね。

すぐさま戻った彼は、ドラッグストアから買ってきた痛み止めの薬を持っていました。走って、コップに水を入れてきて、彼女に薬を飲ませたそうです。ついでにおでこを冷やすジェル状のものも買ってきていて、それを額にくつけたんですね。

ほんと、アッという間に一人で全部やってしまったそうです。

彼は、「片頭痛は冷やすと良い」と知っていたのでしょうが、彼女はしばらくして、片頭痛も少しおさまり、ほんの少し楽になったようです。

本当に辛いときに、ここまでしてくれた彼には、感謝感激だったと思いますよ。

彼が彼女を家に送って行ったのは言うまでもありませんが、この出来事は、彼女の心の中に、「彼」という男性の居場所を作ったようですよ。

もちろん、彼が、彼女にずっと好意をもっていたのも当然ですけれどね。

キューピットって突然そういうことをするんですね。

そのチャンスを逃がさないようにしましょう!!

余談ですが、夜桜見物に行くときは、使い捨てカイロやマフラーを余分に持っていきましょう。これがキューピットに変身するかも。(笑)