先日、めでたく婚約された、女性会員様が、成婚退会の手続きに見えました。元々たいへんお綺麗でチャーミングな方でしたが、幸せの力はやはり凄いですね。笑顔がまるで輝くようでした。

彼女は岩手県出身で、東京の大学を出てから希望の会社に就職をして、マーケティングの仕事を始められました。仕事が、好きで好きでのめりこむように、働いていたようです。だんだん業績を認められて、会社内でも一目置かれるお立場だったようです。お付き合いする男性もおられたようですが、結婚にはなかなか前向きになれなかったようですね。仕事が第一!って感じで。

そして・・・あの3・11の東北大震災があったんですね。岩手県のご実家も大変な被害を受けられたようですが、ご家族はなんとか無事だったようです。

彼女は、この時、自分を取り巻く環境はいつまでもずっと同じではないということに気がついたんです。月日はどんどん過ぎて行って、年齢も高くなっていく。仕事だけの人生でよいのだろうか、ずっと一人でいいんだろうかと、思い悩み始めたんですね。今まで何とも思わなかった、一人という寂しさを感じてしまったんですね。

そんな時、当社に入会されたんです。彼女にしてみれば、当社のドアをノックするのに、「物凄く度胸が要った!」そうです。

とてもチャーミングな女性ですから、お見合いは毎週という状態が続いて、本当にたくさんの男性とお会いしたのですが、思うような方とはめぐり合えなかったんですね。

そして、「これが最後、これでだめなら、もう終わり。」と決めて、お会いした男性となぜかご縁があり、結果的に婚約されたのですが、最初、彼女は彼がとても気に入ったのですが、離婚経験者ということが引っかかっていて、なかなか前向きになれなかったそうです。相談していた友達も「離婚理由は、しっかり聞かなくちゃね。問題があるかも。」などと、言っていたことが、気がかりだったとか。

お付き合いをしている間、「彼は、なぜ離婚したのか」とか、「分かれた奥さんはどんな人だったのか」とか「どんな結婚生活だったのか」、いろいろな疑問が常に頭の中にあったそうです。彼は、彼女のそんな疑問に一つ一つ、丁寧に答えてくれて、時には聞いてもいないのに、前の結婚のことを話してくれたそうです。「離婚の理由が知りたいのは、当然だよ。何でも聞いていいから。」と言って。

そういう彼の優しさに、徐々に魅せられたていったんですね、ある日彼に、「もう、前のことなんてどうでもいいよ。もう何にも言わなくていいから。私は、私。私があなたを好きなんだから。自分の気持ちが結婚したいと思っているんだから。」と、打ち明けたそうです。

すっかり魅せられちゃったんですね。良かった!!