先日、新聞の人生相談の欄に、「結婚に煮え切らない彼」というタイトルで、ある女性の相談が載っていました。

読んでみると、この女性は30代で7つ年上の男性と1年数か月交際しているのですが、彼からなかなかプロポーズしてもらえない状態なのだそうです。交際中に彼が浮気をして、一時別れたのですが、現在はまた交際を再開しているようです。つまり、彼女は彼にぞっこんなんですね。

また、この女性は、彼との別れも想定して、結婚相談所に登録をして、婚活もしているのです。お見合いも何回かしているのですが、いい方に出会えていないようなんですね。

それは、当たり前の事なんです。この場合、彼女は彼に惹かれているのですから、お見合いしても、他のお相手を気に入ることはないんです。彼が好きだからこそ、浮気されても許してしまっているのですから、彼女にとっては、ほかの誰でもダメで、今の彼しかいないのです。

いつも思うのですが、なぜ彼女は交際中の彼に「結婚しましょ。」と言えないんでしょう?

女性からプロポーズするって恥ずかしい事なんでしょうか? 多くの女性は嫌がりますよね。でも、それって日本的な考え方だと思いますよ。

最近は、草食男子が増えて、断られることが怖くてなかなかプロポーズできないケースが多いんです。「女性から結婚しようと言ってくれたら、うれしいんだけどなあ・・・・・」と、言う男性は結構いるんですよ。

時代は変わっているんです。女性も待ってるだけじゃなくて、「自分の好きな男性を、自分の意志でゲットしてしよう!!」という人が増えると、いいなと思います。