コロナ禍のオリンピックでしたが、それでもアスリートたちの素晴らしい戦いに、国民は静かに熱狂しましたね。

そして、今はパラリンピックです。競技だけじゃなくて、アスリートたちの努力だけじゃなくて、障害の克服と言った精神的な努力と戦いに感動しました。

先日、パラトライアスロンで銀メダルを獲得した宇田秀生の笑顔に、思わず涙が溢れました。

彼の挑戦の原動力は「家族」なんです。

彼は結婚して5日後、仕事中に事故で右腕を失ってしまったんだそうです。

絶望の淵にいた時、奥様が「何とかなるよ!」と明るく励ましてくれたことが、生きる支えになったそうです。

未だ若いし、大事故なのに、しっかりして、落ち着いた奥様ですね。 泣いたり、取り乱したっておかしくないのに、本当に立派だと思います。

また、パラリンピックを意識したのは、その病院での療養中の事だったそうです。

「パラリンピックは障害がないと出られないんだよ。あなたはでられるんだよ。」と言う、奥様の言葉もなんと前向きなのかと、素晴らしさを感じますよね。

リハビリ中に水泳を行ったことから、パラトライアスロンに繋がったそうです。

パラトライアスロンはスイム(0,7K)、バイク(20K)、ラン(5K)です。

二人のお子さんが「パパ、かっこいい!!」と言ってくれるから頑張れるんだとか。

家族っていいもんですね!!