朝日新聞の生活欄の「男のひととき」にコロナ禍の婚活体験記がでていました。

まさにコロナ禍での婚活の大変さがとても素直に書かれていて、この男性に好感を持ちました。

結婚相談所に入会したのが、去年の3月。

翌月に緊急事態宣言が出て、お見合いは「オンライン形式」になったけど、画面越しのお見合いは、なんとなくぎごちなく会話がとぎれとぎれになって、気まずかったそうです。

当社の会員様もそう言っていましたね。

その後、ようやく対面式のお見合いになったけど、「お断り」が続いたそうです。会話が盛り上がったのに、何故かお断りにはショックを受けたんでしょうね。

そして、去年の9月に素敵な方に出逢ったのです。

今度はデートが大変‼!  人混みをさけて短時間デート、でも、連絡はラインでしっかりと取ったんですね。

2月にプロポーズをして、7月末に婚姻届けを提出したのだそうです。

結婚式は来年春に予定しているそうですが、「コロナは収束しているかな?・・・」と心配ですね。

外出抑制で、好きなように出かけられないけれど、今は二人でいるだけで幸せですよね!!