コロナ禍で結婚式を挙げられないという方が多いですよね。

式は先送りをして、内輪でこじんまりと会食するだけとか、二人で神社でお参りするだけとか、婚姻届けを出すだけとかになっているケースが
本当に多いです。二人の人生の門出なのに、

先日テレビを見ていたら、面白い番組がありました。

あるグループの一人が結婚することになったけれど、盛大に式を挙げられないのなら、自分たちで楽しめる結婚式をやろうじゃないかと、会場作りや料理作りを自分たちで始めたんですね。

新郎、新婦は山で知り合ったらしく、知り合った山のその場所を、段ボールやら、木材や草花で再現するんです。岩を発泡スチロールや紙で形を作り、ペイントするんです。

山道も小さな橋も、全部手作りなんですよ。何日もかけて作ったんです。

皆さん、凄く楽しんでやっているんですよ。

本当に、凝って、凝って、実際の山の一部の様でした。

完成して、新郎、新婦の登場です。

嬉しいでしょうね。当のお二人には勿論、祝った皆さんの心に残る結婚式になったと思います。