例年ですと、残暑が激しい9月の初めに、お天気が悪く涼しかったせいか、今年は秋が早くやってきたような気がします。

そのせいか、普段はお彼岸の頃にきっちり咲く彼岸花(曼殊沙華)が、今年はちょっと早く咲きすぎちゃったみたいです。

未だお彼岸が来ないのに、満開を過ぎてしまっていますね。

花は、季節の移ろいを教えてくれます。花火のような形の曼殊沙華を見ると、「もうお彼岸なんだ、やっぱり秋の風だな。」なんて思えるんです。

そして、香りで秋の訪れを知らせてくれるのが、金木犀(きんもくせい)の花です。

あの香りは誰もが知っている秋の香りですよね。

かつて、家の近所に金木犀が生垣になっているお宅がありました。かなり離れていても、香ってきたものでした。

三年前に、そのお宅がなくあり、新たに家が建ち、金木犀の生垣はなくなってしまいました。

寂しかったです。

然し、先日、家の近くを歩いていると、金木犀の香りがするのです。

探してみても、見当たりません。

よくよく見ると、テニス場のフェンスの向こう側に小さな金木犀の木がありました。

こんな小さな木でも主張するんだなあと、嬉しくなりました。